ニュース
» 2005年06月14日 20時40分 公開

「セキュリティ」をメインテーマにMobile & Wireless World開催

今週開催される「Mobile & Wireless World」カンファレンスでは、セキュリティに代表されるワイヤレス/モバイルシステムの導入に当たっての課題が語られる。

[IDG Japan]
IDG

 モバイル/ワイヤレス技術をめぐるCIO(最高情報責任者)の悩みの種は何だろうか?

 ミズーリ州カンザスシティーにあるSaint Luke's Health Systemのジョン・ウェードCIOによると、大規模組織でモバイル/ワイヤレス技術をサポートすることに関しては、同氏もほかのCIOが抱えているのと同じ問題の多くに直面しているという。

 今週、アリゾナ州スコッツデールで開催中のComputerworld主催の「Mobile & Wireless World」カンファレンスでは、25人のITマネジャーがプレゼンテーションを行う予定であり、ウェード氏もその1人だ。このイベントは6月13日に開幕し、主催者によると、多数の上級ITマネジャーを含む約300人の参加者を見込んでいるという。

 傘下に9病院を抱えるHealth Systemのウェード氏の主要な関心事は3つあるという。Wi-Fiネットワークへの侵入、特に病院内部のハッカーによる侵入を阻止すること、患者の生死にかかわる事態のさなかに医師と看護師がワイヤレス信号を受け取り損なうことがないようにすること、そして広範なデバイスをサポートする汎用的なワイヤレス信号を見つけだすことである。

 6月15日のプレゼンテーションでワイヤレスインフラのトップダウン計画に関するヒントを披露するウェード氏をはじめ、数人のCIOプレゼンターが、効果的なワイヤレス配備を目指した取り組みについて語る予定だ。アナリストらによると、ワイヤレス/モバイルアプリケーションおよび技術の導入に関しては、ヘルスプロバイダーがリーダーになることが多いという。

 カンファレンスの中心的トピックは、Wi-Fi/ワイヤレスセキュリティのほか、無線周波数の識別、デスクトップアプリケーションの携帯デバイスへの転用、ブロードバンドワイヤレスインターネットサービスプロバイダーの利用など。プレゼンテーションでは、市内ワイヤレスネットワークの利用、シカゴ・マーカンタイル取引所におけるワイヤレスネットワーキング、モバイルコミュニケーションの活用といったテーマが論じられる。

 カンファレンスの協賛企業の1社であるIntelは、オフィスにおけるモバイルデジタルライフスタイルについて論じる。Nokiaは、仙台にある東北大学におけるセキュアなワイヤレスアクセスシステムの導入事例を紹介する。

 カンファレンスの会期は6月15日まで。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -