速報
» 2005年07月22日 08時12分 公開

Nokia増収増益も価格圧力で利益に影響

Nokiaの4〜6月期決算は増収増益で市場シェアも拡大しているが、販売価格の低下傾向の影響が利益に出た。

[ITmedia]

 フィンランドのNokiaが7月21日発表した第2四半期(4〜6月期)決算は、売上高が前年同期から25%増えて80億5900万ユーロ、純利益は7億9900万ユーロ(1株利益0.18ユーロ)の増収増益となった。

 事業別の売り上げは携帯電話が20%、マルチメディアは89%、エンタープライズソリューションが7%、ネットワークが6%それぞれ増加した。

 携帯端末の販売台数は前年同期より34%増え、市場シェアも推定33%に拡大。しかし業界全体の傾向として、ローエンド製品が主力の新興市場での伸びが大きく、平均販売価格の低下傾向が続いているため、Nokiaでも利益に影響が出た。この傾向は今年いっぱい続くと予想している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -