ニュース
» 2006年04月24日 21時16分 公開

So-net、ハイビジョンにも対応するVODシステムを発表

ソニーコミュニケーションネットワークは4月24日、Sentivisionと共同開発した新しいVODシステムを発表した。家庭のテレビでハイビジョン映像を楽しめるほか、電子マネー“Edy”を利用して登録やコンテンツ購入を簡便化した。

[ITmedia]

 ソニーコミュニケーションネットワーク(SCN)は4月24日、Sentivision(センティビジョン)と共同開発した新しいVOD(ビデオ・オン・デマンド)システムを発表した。映像コーデックにH.264などを採用し、家庭のテレビでハイビジョン映像を楽しめる。また、電子マネー“Edy”を利用して登録やコンテンツ購入を簡便化した点も特徴だ。

photo

 同システムで利用する10センチ角の小型のSTB(セットトップボックス)も開発した。外形寸法は100(幅)×100(奥行き)×50(高さ)ミリ。重量は約300グラム。40GバイトのHDDを内蔵し、ストリーミングとダウンロードの両方に対応する。SCNによると、テレビなど家電機器への内蔵も想定しているという。

photo 同時に発表されたSTB。40GバイトのHDDを内蔵する
photo サービスのイメージ図

 SCNでは、ソニーやビットワレットの協力により、このVODシステムを利用した実証実験を4月から6月末までのスケジュールで実施する。なお、今後のサービス化については「共同でさまざまな角度から具体的な検討を行っていく」(SCN)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -