速報
» 2006年05月19日 08時35分 公開

Micron、世界最小の8メガピクセルイメージセンサー開発を発表

Micronは1.75マイクロメートルのピクセルデザインを使い、デジタルカメラで標準的な1/2.5インチ光学フォーマットの8メガピクセルイメージセンサーを開発した。

[ITmedia]

 米Micron Technologyは5月18日、世界最小の8メガピクセルイメージセンサーを開発したと発表した。超高速の写真撮影とHDビデオの撮影が可能になるとしている。

 同社は1.75マイクロメートルのピクセルデザインを使い、デジタルカメラで標準的な1/2.5インチ光学フォーマットの8メガピクセルイメージセンサーを開発し、試作品を披露した。

 Micronによれば、これを使ったデジタルカメラでは高解像度の写真撮影とHDビデオ撮影が可能になる。11×14インチの写真が撮影できるほか、画質を損なうことなく画像の一部を拡大して印刷することも可能。

 連射機能では8メガピクセルの解像度で毎秒10枚以上、2メガピクセルの解像度なら毎秒30枚以上の撮影が可能。HDビデオは720pで毎秒30フレームの撮影ができる。手ぶれ補正や高速オートフォーカスといった機能にも利用できる。

 携帯電話のカメラは現在1/4インチの光学フォーマットが主流だが、1.75マイクロピクセルで構築されたMicronのセンサーを使えば、携帯電話のサイズを変えずに3メガピクセルの解像度を実現できるとしている。

 8メガピクセルイメージセンサーは今年秋に顧客向けのサンプル出荷を開始し、2007年上半期に量産に入る予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -