ニュース
» 2006年11月17日 07時46分 公開

Symbian OS搭載スマートフォン総出荷台数が1億台を突破

2006年第3四半期のSymbian OS搭載スマートフォン出荷台数は1300万台、2000年以来の総計では1億台の大台に達した。

[ITmedia]

 英Symbianは11月16日、2000年に出荷を開始したSymbian OS搭載スマートフォンの世界全体での総出荷台数が、1億台に達したと発表した。

 Symbian OSを搭載した初の端末「Ericsson R380」が2000年に出荷されて以来、2006年第3四半期末時点で同OS搭載端末の種類は106機種、採用端末メーカーは10社、開発中のモデルは49機種に上る。

 また、2006年第3四半期の同OS搭載端末の出荷台数は1300万台で、前年同期の850万台から52%増を記録。第3四半期までの2006年出荷台数は3700万台となった。同OS向けのサードパーティーによるアプリケーションは第3四半期末時点で6120本となり、前年同期から39%増加した。

 Symbianのナイジェル・クリフォードCEOは、途上国での普及と若者層への浸透が、スマートフォン市場を拡大する2つのトレンドだと述べた。クリフォード氏によると、将来急速な伸びが期待できるのは中国、インド、ブラジルなどの市場で、5年以内にはスマートフォン売り上げの50%を途上国の売り上げが占めるようになる見通しという。

 調査会社IDCのアンディ・ブラウン氏によると、スマートフォンの総出荷台数は2011年には10億台に達する見込みだ。年間出荷台数は、2005年の5700万台から、2010年には2億5000万台に達すると予測している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -