ニュース
» 2006年11月20日 20時36分 公開

写真で解説する「XS 707SC」(2/2 ページ)

[園部修,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 気になるダイヤルキーのタッチは、薄型化した分多少犠牲になっている部分があると感じた。XS 707SCのダイヤルキーは、十字キーやソフトキーも含めてフレームやキーとキーの間の“山”や“溝”もないフラットな面で構成されており、キー面を見ながらでないと自分の指がどの位置にあるのか分かりにくい。[5]キーの両端には小さな突起があるため、ダイヤルキーの中央はかろうじて指の感覚だけで見付けられるが、そのほかのキー操作はブラインドタッチではとても難しい。

 特に決定キーと十字キー、それにソフトキーの境目が分かりにくかった。メニュー操作中に意図せず決定キーを押したり、クリアキーを押したつもりが下キーの操作になったりと、何度も誤操作してしまった。各キーの位置関係に慣れるまでは、入力には慎重にならざるを得ない。

PhotoPhoto キーは1枚のシート状で、まるでカード型電卓のようなタッチだ。それぞれのキーにクリック感はあるものの、キーを見ながらでないと押したいキーを押せないことも多かった。特に決定キーと十字キーの下、クリアキーの境目が分かりにくく、入力中に何度か操作を誤った
Photo 背面のヒンジ寄りに16×96ピクセルの青色有機ELサブディスプレイを備える。時刻や電波状況、電池残量、不在着信などを表示する

 搭載されているソフトウェアは706SCとよく似ており、Y!ボタンのすぐ下に用意した専用キーで起動できるタスク切替機能「スイッチバー」や好みの機能を呼び出せる「ショートカット」を用意する。メニュー構成などもよく似ており、項目を選択すると他の項目より大きく表示されるインタフェースもほぼ同等だ。

PhotoPhoto メニュー画面は3列×3段構成で、上段左からS!アプリ、Yahoo!ケータイ、メディアプレイヤー、カメラ、データフォルダ、メール、ツール、電話帳、設定の順で並ぶ。メニューの深い階層では選択した項目が大きく表示される仕様などもSamsung製端末に共通のもの
PhotoPhoto Bluetoothのプロファイルは9種類をサポートしている。HSPやHFPはもちろん、SPPやDUN、BPP、FTP、OPPなどをサポートしているのが分かる

 海外でも使いやすいことをウリにしており、7万4000語の語句を収録した英和・和英辞典や日本語、英語に加えて韓国語の表示が可能な「トライリンガル」機能も用意する。

 ユニークなのは、海外旅行時などに便利な例文翻訳・読み上げ機能を搭載している点だ。日本語で例文を選択すると、対応する英語、中国語、韓国語の文章を画面上に表示する。またその状態で左ソフトキーを押せば実際に音声で読み上げてくれるので、困ったときなどに役立ちそうだ。音声認識にも対応しており、日本語で端末に向かってしゃべると、それに近い項目を表示する機能もある。

 ちなみにこのアプリの韓国語版は、10月17日から21日まで韓国のソウルで開催された「韓国電子展」でSamsung電子がデモを行っていた(11月2日の記事参照)。

PhotoPhotoPhotoPhoto 例文翻訳・読み上げアプリを起動すると、まず言語の選択画面が現れる。言葉を選ぶと、次は空港やバス、ホテル、レストランなどの場所を選ぶ画面になる。ここで目的の項目を選ぶとナビゲーター代わりのキャラクターが現れ、さらに状況を選ぶことになる
PhotoPhotoPhotoPhoto 状況を選択すると、複数の例文が画面に表示されるので、その中から目的の例文を探す。例文は画面に文字で表示してくれるだけでなく、[音を聴く]を押すと実際にネイティブスピーカーの音声で読み上げてくれる
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -