ニュース
» 2006年12月19日 11時19分 公開

携帯やデジカメでコンテンツを共有するモバイルサーバ登場

携帯電話やデジタルカメラ、ゲーム機間で、PCを経由せずに音楽や写真、ビデオなどを共有するためのカードサイズのモバイルコンテンツサーバが登場した。

[ITmedia]

 米Agere Systemsは12月18日、音楽や写真、ビデオなどのデジタルコンテンツを、PCを経由しなくても家電間で共有できるモバイルコンテンツサーバ「BluOnyx」を開発したと発表した。同社はBluOnyxを、2007年1月8日から米ラスベガスで開催される「Consumer Electronics Show」(CES)において、アポイント制で公開する。

 携帯やゲーム機などやPCから、BluetoothやWi-Fi経由でBluOnyxに接続、ほかのデバイスにコンテンツを送ることができる。またはUSBケーブルやSDカードの利用によるサーバへのデータ転送も可能だ。

 BluOnyxサーバはクレジットカード程度の大きさ(90ミリ×60ミリ、厚さは記憶容量により6ミリ〜15ミリ)で、携帯電話を使って操作する。サーバそのものにはディスプレイはないが、サーバのコンテンツは携帯、PC、テレビなどの画面に表示することができる。容量は1Gバイトから40Gバイトまでで、40Gバイト版の重さは140グラム。

 ビデオを複数の携帯電話にストリーム配信したり、写真、ビデオ、電子メール、文書などのバックアップをサーバで取ることができる。ネット接続機能のない携帯電話でも、同サーバを経由すればネット接続が可能となる。価格は記憶容量により、99ドルから250ドル程度となる見通し。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -