“踏み台化ウイルス”が増えそうだ トレンドマイクロの年間レポート

トレンドマイクロが12月19日,2001年のコンピュータウイルス感染被害をまとめた年間レポートを発表した。ソフトのセキュリティホールを突いたウイルスによる大規模被害が相次いだが,今後は不正アクセスの“踏み台”を作るタイプの増加を予測している。

【国内記事】 2001年12月19日更新

 トレンドマイクロが12月19日,2001年のコンピュータウイルス感染被害をまとめた年間レポートを発表した。ソフトのセキュリティホールを突いたウイルスによる大規模被害が相次いだが,今後は不正アクセスの“踏み台”を作るタイプの増加を予測している。

 1月1日から12月14日までのデータをまとめた。感染被害がもっとも多かったのはファイル感染型の「MTX」(マトリックス)で,2000年9月に見つかった“古株”にもかかわらず脅威は衰えていない。ワースト2は11月発見のワーム「Badtrans.B」。3位はファイル感染型「Hybris」だった。

 同社によると,今年は複数の感染経路を持つ「ネットワーク型ウイルス」の脅威が本格化した。「Nimda」はメール送信とネットワークドライブへのファイルコピー,セキュリティホールからの侵入,HTMLへのスクリプト埋め込みなど多数の手段で被害を拡大した。特に,「Nimda」「Badtrans.B」「Aliz」「CodeRed」などはマイクロソフト製ソフトの欠陥を突くもので,ユーザー数が多いだけに被害規模も大きくなった。

 同社は今後について,不正アクセスの準備を行うウイルスが増えると見ている。常時接続の普及で実質的に固定されたIPアドレスが増えると見られ,その分クラッカーにとっては“チャンス”が増える。バックドアを仕込むトロイの木馬などが登場すると,無防備なPCにバックドアを作成され,サイト攻撃の際に踏み台に使われる,といった手口も増えるだろう。

 同社はウイルス対策に加え,今後は個人ユーザーもファイアウォールなどを導入し,不正アクセスに備える必要があるとしている。

 トレンドマイクロがまとめた2000年のウイルス被害ワーストランキングは以下の通り。

順位ウイルス名種類被害件数発見時期
1MTXファイル感染型5300200年9月
2Badtrans.Bワーム20952001年11月
3Magistrファイル感染型17592001年3月
4Hybrisワーム16352000年11月
5Sircamワーム12992001年7月
6Nimdaファイル感染型10442001年9月
7Alizワーム9462001年9月
8Larouxマクロ型7571997年11月
9Bymerワーム4002000年10月
10HaptimeVBスクリプト型3432001年4月

関連リンク
▼ トレンドマイクロ

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!