NECインフロンティア,802.1x対応の企業向け無線LAN製品

【国内記事】 2001年12月26日更新

 NECインフロンティアは,オフィス用無線LANアクセスポイントの最上位モデル「無線LANアクセスポイントEX」(PK-WL005)を12月28日に発売する。IEEEの新しい標準規格「IEEE 802.1x」をサポートし,従来機よりもユーザー認証を強化した。


本体サイズは260(幅)×185(奥行き)×50(高さ)ミリ

 PK-WL005は,今後普及が進むと見込まれているIEEE 802.11aへのアップグレードを前提とした「共通プラットフォーム」として開発されたもの。PCカード型の無線LANカードを装備することで,IEEE 802.11bおよび同11.aをサポートできる。

 また,IEEE 802.1X対応により,RADIUSサーバと組み合わせることで,無線LAN端末の認証機能および暗号キーの自動生成・切り替えを実現。「ANY」接続の拒否機能やESS-ID隠し機能(不正な端末からのESS-IDスキャンを防止)も備え,セキュリティ面の脆弱さが指摘される無線LANをバックアップする。

 本体にはリピーター機能(WDS:Wireless Distribute System)が搭載されており,最大6台までのPK-WL005を無線で接続することが可能だ。このため,AP間を有線LANで配線する手間とコストを省くことができる。

 価格はオープン。製品パッケージには,監視ツールとして各端末の電波状況を一元的に管理できる「Radio Monitor」が添付されている。

関連記事
▼ 802.11bのセキュリティ懸念に対処する新製品が登場

関連リンク
▼ NECインフロンティア

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!