ニュース 2002年9月6日 11:56 PM 更新

NTT東日本、電子政府・電子自治体ショウルームを開設

NTT東日本は、電子政府・電子自治体ソリューションを紹介するショウルーム「E-Frontier」を東京・大手町にオープンする

 NTT東日本は9月6日、電子政府や電子自治体、教育のIT化に向けたソリューションを紹介するショウルーム「E-Frontier」を開設すると発表した。

 展示内容は、ICカードと公開鍵を用いて各種の申請や証明書発行などを行う情報流通基盤システム、入札業務のやりとりをインターネット上で行なう電子入札システム、地理情報システム(GIS)を活用した防災GISシステムなど。教育市場向けでは、Web教材作成支援システムやTV会議システムなどもある。

 このほか、インターネットマンションを構築するためのブロードバンドサービスやセキュリティ、ホームオートメーションシステムなども展示される予定だ。

 オープンは9月9日。場所は下記の通り。入場は無料だが、完全予約制となっている。

 E-Frontier
所在地東京千代田区大手町1-5-1「ファーストスクエアビルWest」2階、丸の内コミュニケーションセンタ内
交通JR東京駅北口から徒歩5分、地下鉄大手町駅C11出口
予約NTT東日本法人営業本部ナショナルビジネス推進部電子政府担当 TEL:03-3830-9131

関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!