ニュース 2002年9月20日 04:30 PM 更新

「Xbox Live」、1月にスタート

「Xbox Live」スタート時の詳細が明らかに。開始は来年1月16日で、PSO同梱のスタータキットも同時発売する。20日の東京ゲームショウ2002会場では、Xbox Liveのゲームが展示され、来場者の人気を博していた

 マイクロソフトは9月20日、家庭用ゲーム機「Xbox」向けオンラインサービス「Xbox Live」を2003年1月16日に開始すると発表した。


東京ゲームショウ2002会場では、Xbox Liveのゲームが実際にプレイできるとあって、同社ブースから人だかりが絶えることはなかった→詳細

 同時に「スタータキット」を発売。セガ「ファンタシースターオンライン エピソード1&2」とマイクロソフト「頭脳対戦ライブ」が同梱される。音声チャットが楽しめる「ボイスコミュニケータ」と12カ月の基本サービス利用料金が含まれ、価格は6800円。

 このほかの当初の対応ソフトは、、フロム・ソフトウェア「サウザンドランド」、カプコン「CAPCOM VS. SNK 2 EO」、ビクターインタラクティブソフトウェア「Muzzle Flash」、マイクロソフト「Whacked!ギリヤバ!乱闘パーティーテレビ!」。

 限定ベータプログラムは11月中旬に開始する。9月9日に募集を始めたところ、3日間で定員の5000人を上回った。10月22日まで受け付け、抽選で参加者を決める。


開発段階のゲームもいくつか発表された。左写真は、2003年発売の「戦場の出前持ち」に登場するキャラクター。“天才デリバリー職人”の主人公を操り、不自然なほど多発する事故をかいくぐってピザを届ける。下写真は、12月12日に発売予定の「ブリンクス・ザ・タイムスイーパー」。“時間工場”の従業員を操作して“時間ドロボー団”によって時間の流れを歪められてしまった世界を救う

(C)2002 Microsoft Corporation. All rights reserved.



関連記事
▼ 「Xbox Live」日本展開を発表、キットにPSO同梱
Xbox向けオンラインゲームサービス「Xbox Live」の国内展開が発表された。スタータキットにはファンタシースターオンラインと音声コミュニケータが同梱され、6800円

▼ Xbox Live、米で11月15日スタート
▼ Xbox Live、ポイントは音声コミュニケーション
「オンラインゲームではコミュニケーションが不可欠」。そう考えるMicrosoftは、Xbox Liveにおいてすべてのゲームで音声機能を提供する

▼ MS、Xbox LiveでMODチップ摘発の可能性
11月15日の米国でのサービス開始に先立ってMicrosoftがテスターに配った「Xbox Live」用キットのユーザー同意書の内容は、まさにこのサービスを「改造機発見の手段に使う」と明言しているかのようだ。しかし当のXboxハッカーらに当惑は見られない


関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!