ニュース 2002年9月20日 08:57 AM 更新

採用進む無線LAN、今年は出荷台数73%増の見込み

世界無線LAN市場は2002年、出荷台数で73%、売上金額で26%の伸びが見込まれている。2007年まで「健全な伸び」が続く見通し

 米市場調査会社のGartner Dataquestは9月19日、世界無線LAN市場の今後の見通しを発表した。ハイテク市場は全般的に低調だが、無線LANに関しては今後も2けた増が見込めるとしている。

 同社によると、世界無線LAN市場は2002年、出荷台数で73%、売上金額で26%の伸びが見込まれている。さらに2003年も好調が続く見通しで、出荷台数は2002年が1550万台、2003年が2650万台、売上高は2002年が21億ドル、2003年が28億ドルと予測されている。

 無線LAN市場は、2007年まで健全な伸びが続く見通し。プロフェッショナルモバイルPCの無線LAN機能浸透率は、2000年の9%から2003年末までに約50%に伸び、2007年までには90%に達する見込み。

 現状、無線LAN機能はPC用のアドオンデバイスとして購入されているが、2002年は全モバイルPCの約10%が無線LAN機能内蔵で出荷され、2004年にはこの割合が31%に、2007年には68%に高まる見通し。

 地域別では北米市場が最も出荷量が大きく、2002年の全出荷量の63%を占めると見られている。

 同社では、今後も無線LAN機器の価格下落と高速化が続くことから、帯域幅要求が比較的低い小規模な環境においては特に、「有線LANの代替」としての無線LANのニーズが高まっていくだろうとしている。

関連リンク
▼ Gartner Dataquestのプレスリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!