ニュース 2002年9月26日 08:53 PM 更新

マイクロソフト、「FrontPage Server Extensions」にバッファオーバーフロー脆弱性と警告

マイクロソフトは、FrontPageベースの動的なコンテンツ生成に使用されるFrontPage Server Extensionsに、バッファオーバーフロー脆弱性があると警告した

 マイクロソフトは、FrontPageベースの動的なコンテンツ生成に使用されるFrontPage Server Extensions(FPSE)に、バッファオーバーフロー脆弱性があると警告した。この脆弱性を突かれると、ウェブサーバにサービス拒否攻撃を仕掛けられたり、攻撃者による任意のコードをサーバ上で実行される(サーバが乗っ取られる)危険がある。

 影響を受ける環境は、以下の通り。

 ・FrontPage Server Extensions 2000
 ・FrontPage Server Extensions 2002
 ・Windows 2000
 ・Windows XP

 WindowsXP用のFPSE2000修正プログラムは、WindowsXP SP1に含まれているほか、個別でも配布されている。

関連リンク
▼ マイクロソフト
▼ [Microsoft TechNet] Smart HTMLインタープリタでバッファオーバーランによりコードが実行される(MS02-053) 修正ファイル配布中

[記事提供:RBBTODAY ]



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!