ニュース 2002年10月9日 04:27 PM 更新

ストリーミングは「試食メディア」?


 スカイライトコンサルティングは、6月末に実施したストリーミングに対するユーザーの意識調査の結果を発表した。調査はマクロミルのリサーチサービスを利用して、延べ1万人を対象に行ったもの。現在同社サイトで詳細が公開されている。

 それによると、インターネットユーザーの6割がストリーミングを利用したことがあるものの、有料コンテンツの購入履歴があるのはそのうち9%にとどまっている。また、ADSLユーザーの半数がストリーミングを「遅い」、7割が「画面が小さい(画質が不十分)」という不満を持っている。

 ストリーミングユーザーが気にいっているコンテンツを聞いたところ、「映画の予告編」「音楽の視聴」が多くを占めた。こうした結果をうけて、同社は現時点でストリーミングは“情報収集の『試食メディア』”であると位置付けている。

関連リンク
▼ スカイライトコンサルティング

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!