ニュース 2002年10月16日 01:43 AM 更新

アイコム、802.11a/bデュアル無線LANカードなど

アイコムは、802.11a/b両対応の無線LANカード/アクセスポイントや、ホットスポットとしての利用を想定したアクセスポイントなどを発表した

 アイコムは、IEEE 802.11a/bデュアルバンド対応の無線LANカード「SL-5000」、同じくデュアルバンド対応のアクセスポイント「AP-5000」、そして公衆無線LANとしての利用を想定したアクセスポイント「AP-3000HS」を発表した。発売時期は順に11月中旬、11月下旬、11月初旬。いずれもオープン価格。

SL-5000


 SL-5000は、「業界で初めて」(アイコム)IEEE 802.11a/bいずれの無線方式にも対応した無線LANカード。通信速度は、接続先のアクセスポイントに応じて自動で選択、切り替わる仕様になっており、専用ソフトを使えば手動で設定することも可能だ。

 通信時の暗号方式は、OCB AES(Offset Code Book Advanced Encryption Standard)とWEP(Wired Equivalent Privacy)の2通りに対応している。

 同カードを利用すれば、IEEE 802.11aで全4チャンネル、11bでは全14チャンネルの周波数帯で通信が可能になる。このため、トラフィックの多いチャンネルを避けて、相互に干渉しない多重通信が実現できるという。

製品名SL-5000
伝送距離55メートル(802.11a)/30〜150メートル(11b)
セキュリティOCB AES(128bit)/WEP(64/128/152bit)
インタフェースCardBus TypeII
サイズ121×54×11.4ミリ
重さ50グラム
対応OSWindows 98 SE/ME/2000/XP

AP-5000


 AP-5000は、IEEE 802.11a/bいずれの無線方式にも対応したアクセスポイント。スパニング・ツリー(記事参照)の機構により、より信頼性の高いネットワーク構築を実現する。

 セキュリティ面では、MACアドレスの登録機能を実装。また通信時はOCB AES、WEPにより暗号化を行う。IEEE 802.1x/EAP(Extensible Authentication Protocol)にも対応しており、別途RADIUSサーバをたてれば認証システムを構築できる。

製品名AP-5000
セキュリティIEEE802.1x/EAP、OCB AES(128bit)、AES(128bit)、WEP(64/128/152bit)、MACアドレス登録(最大256台)
インタフェースRJ-45×1
アドレス変換NAT/IPマスカレード(動的/静的)
サイズ230×167×38ミリ(突起物を除く)
重さ約780グラム
対応OSWindows 98/98SE/XP

AP-3000HS


 AP-3000HSは、公衆無線LANとして屋外に設置されることを想定したIEEE 802.11b対応のアクセスポイント。防水機能を持つほか、アクセスする無線端末間での通信(ファイル共有など)を禁止する。IEEE 802.1x/EAPに対応しており、別途RADIUSサーバを用意すれば認証システムを構築可能。

 WEPによる暗号化では、Shared Key/Open Systemいずれの方式にも対応した設計になっている。このため、各社の無線LANカードでWEP機能を利用できるという。

製品名AP-3000HS
セキュリティIEEE802.1x/EAP、WEP(64/128bit)、MACアドレス登録(最大256台)、
インタフェースRJ-45×1
アドレス変換NAT/IPマスカレード(動的/静的)
サイズ140×120×50ミリ(突起物を除く)
重さ約960グラム(ケーブル含む)
ケーブル長標準5メートル
対応OSWindows 98/98SE/XP

関連リンク
▼ アイコム

[杉浦正武, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!