ニュース 2002年10月22日 11:27 PM 更新

マイクロ総研、高速ルータに無線AP機能を追加

マイクロ総合研究所は10月下旬より、高速ルータ「NetGenesis SuperOPT90」に無線アクセスポイント機能を追加したルータを発売する

 マイクロ総合研究所は10月下旬より、IEEE 802.11b準拠の無線LANに対応したアクセスポイントルータ「NetGenesis SuperOPTAir」を発売する。オープンプライスだが、市場予想価格は3万2000円程度。


 FTPによる実測スループット90Mbpsをうたう高速ルータ「NetGenesis SuperOPT90」をベースに、無線LAN対応のPCカードスロットを搭載したもの。このPCカードスロットに802.11b対応の無線LANカードを挿入すれば、無線アクセスポイントとして利用できる。

 無線通信はWEP64/128bitによる暗号化が行われるほか、MACアドレス登録によるアクセス制限が可能。なお、スループットの測定試験環境と結果については、同社ホームページ上で公開されている。

製品名NetGenesis SuperOPTAir
CPU日立SH-4 240MHz
セキュリティWEP 64/128bit、MACアドレス登録
インタフェースLAN側:10BASE-T/100BASE-TX AUTO MDI/MDI-X対応4ポートスイッチングハブ、WAN側:10BASE-T/100BASE-TX 1ポート、CardBus対応 TypeIIスロット
ルータ機能IPマスカレード機能、DMZホスト機能、IPフィルタリングなど
サイズ64×144×168ミリ(スタンド含む)
重さ約380グラム(ダミーカード装着時)
価格実売3万2000円

関連記事
▼ マイクロ総合研究所、最大スループット80Mbpsの高速ブロードバンドルータ「NetGenesis SuperOPT50」を発表

関連リンク
▼ マイクロ総合研究所

[杉浦正武, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!