ニュース 2002年10月23日 05:44 PM 更新

クロスウェイブ、広域LANサービスに「QoSサービス」オプションを追加


 クロスウェイブコミュニケーションズは、11月1日より「広域LANサービス」に新たなオプション「QoSサービス」を追加する。

 QoSサービスは、データの送受信をユーザーの要望に従って制御するサービス。ユーザーにとって重要度の高いアプリケーションの帯域を確保することで、品質を保つことができるため、VoIPやマルチキャストなどを効率的に利用可能となる。QoSサービスは、すでに新光証券の全社ネットワークに試験サービスとして導入されている。

 QoSサービスはQoS制御能力を重視する「QoSプレミアム」と、コストパフォーマンスを重視する「QoSスタンダード」の2種類がある。プレミアムは広域LANサービスの全品目に、スタンダードは広域LANサービスの128Kbps、512Kbps、1.5Mbpsに対応する。利用料は、広域LANサービス128Kbpsにスタンダードを適用した場合で月額1万円。

関連リンク
▼ クロスウェイブコミュニケーションズ

[記事提供:RBBTODAY ]



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!