ニュース 2002年10月29日 06:49 PM 更新

無線LAN、2006年には家庭向け3300万ノード出荷へ


 調査会社In-Stat/MDRが10月28日発表した市場予測によると、全世界の家庭向けWi-Fi(802.11x)ノード出荷量は、2002年の約600万ノードから2006年には年間3300万ノードに拡大する見通し。

 無線LANは、機器の低価格化から家庭への浸透が始まっている。家庭およびSOHO向け無線LAN機器の分野で、米国は2006年まで世界最大の市場であり続ける見通しだが、アジア太平洋地域の伸びも目覚ましく、日本や韓国、台湾、香港、オーストラリア、シンガポールなどで今後の良好な市場成長が見込めるとしている。

関連リンク
▼ In-Stat/MDRのプレスリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!