ニュース
» 2019年02月25日 06時00分 公開

「情けなく、申し訳ない」:ZOZOが初の減益 要因を検証してみた (1/3)

インターネット衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)が平成10年の会社設立以来初の減益となる。採寸用ボディースーツ「ゾゾスーツ」を活用したプライベートブランド(PB)事業でつまずき、大誤算の急ブレーキとなったのだ。ツイッターで「必ず挽回します」と表明した前沢友作社長だが、主力のネット通販サイト「ゾゾタウン」では出店を取りやめる“ゾゾ離れ”が顕在化。時代の寵児(ちょうじ)の足元は決して盤石ではない。(柳原一哉)

[産経新聞]
産経新聞

 インターネット衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)が平成10年の会社設立以来初の減益となる。採寸用ボディースーツ「ゾゾスーツ」を活用したプライベートブランド(PB)事業でつまずき、大誤算の急ブレーキとなったのだ。ツイッターで「必ず挽回します」と表明した前沢友作社長だが、主力のネット通販サイト「ゾゾタウン」では出店を取りやめる“ゾゾ離れ”が顕在化。時代の寵児(ちょうじ)の足元は決して盤石ではない。(柳原一哉)

photo ZOZOが初の減益 要因を検証してみた(イメージ)

 東京都内で1月31日に開かれた決算説明会。いつものようにカジュアルな服装で現れた前沢氏は、31年3月期の連結業績予想の大幅な下方修正を淡々と発表した。

 売上高は前期比19.9%増の1180億円(従来予想は1470億円)と増収を確保するが、本業のもうけを示す営業利益は18.9%減の265億円(同400億円)、最終利益は11.7%減の178億円(同280億円)と、いずれも増益予想から減益予想への下方修正を迫られた。前沢氏も「情けなく、申し訳ない」と頭を下げざるをえなかった。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -