ニュース
» 2019年03月08日 06時00分 公開

総数80機の「新機」を発注か:47年前に初飛行した“クラシック”な戦闘機F−15「イーグル」がよみがえる! 新規再生産・配備の理由とは…… (1/5)

47年前に初飛行した“クラシック”な戦闘機F−15「イーグル」を米空軍が新たに生産・配備する計画が明らかになった。米情報通信社ブルームバーグが2月中旬に報じたもので、2020年度予算から5年計画で総数80機の「新機」を発注するという。最新鋭のステルス戦闘機F−35が続々と生産、部隊配備されるなか、人間でいえば「中年オヤジ」が見直される理由とは――。    (岡田敏彦)

[産経新聞]
産経新聞

 47年前に初飛行した“クラシック”な戦闘機F−15「イーグル」を米空軍が新たに生産・配備する計画が明らかになった。米情報通信社ブルームバーグが2月中旬に報じたもので、2020年度予算から5年計画で総数80機の「新機」を発注するという。最新鋭のステルス戦闘機F−35が続々と生産、部隊配備されるなか、人間でいえば「中年オヤジ」が見直される理由とは――。    (岡田敏彦)

photo 計画中のF−15「X」に最も近いとされるボーイング社の開発案「F−15アドバンスド」の模型。空対空ミサイルを多数抱え、ペイロード(武装搭載量)の多さをアピールしている=2018年11月(岡田敏彦撮影)

最新鋭を差し置いて

 F−15は米国マクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)が開発・生産。米空軍の主力戦闘機として長らく運用されており、現在も本家の米空軍をはじめ航空自衛隊やサウジアラビア、イスラエル各空軍などで多くが現役にあるとはいえ、試作機の初飛行は1972年。以後47年間の航空・軍事技術の進歩は著しい。

 しかも米軍は、レーダーに捉えられにくいステルス性を持った最新鋭の戦闘機F−35「ライトニング2」を続々と部隊配備中だ。欧州各国もF−35の導入を進めており、今年1月末にはオランダ空軍向け1号機が完成、同空軍へ引き渡された。また同月には製造メーカーの米ロッキード・マーチン社が300機目の完成と納入、米空軍ユタ州ヒル空軍基地への配備を発表するなど、最新機F−35の生産・配備は順調に進んでいる。にもかかわらず、旧式のF−15を再生産するには、3つの理由がある。

大型化を視野に

 最も大きな理由は「大型兵器を運べる」という点だ。F−35はステルス性を最優先して作られた戦闘機のため、ミサイルや爆弾は胴体下部のスペース(兵装庫=ウエポン・ベイ)に内蔵する方式を採る。

       1|2|3|4|5 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -