メディア
インタビュー
» 2019年05月23日 05時00分 公開

フジ『ザ・ノンフィクション』プロデューサーが明かす「人殺しの息子と呼ばれて…」制作の裏側「視聴率No.1宣言」をする真意(5/5 ページ)

[田中圭太郎,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

多くの人に見てもらうために

――番組を見てもらうために、意外性のあるナレーターを選ぶ、視聴者が見たくなるような人を探す、SNSで番組を宣伝するといった取り組みをされていると伺いました。それ以外に、どのようなことを意識していますか。

 この番組の企画を通すポイントは3つあります。主人公がもがき苦しんで生きているのかどうか。1時間ハラハラドキドキしながら見ていられるか。10秒でもいいので、これだ!と思えるシーンが撮れるかどうか。この3つがそろえば、見てもらえるだろうと思っています。

 ターゲットはF3、50代の女性です。内容次第では、F1(20〜34歳の女性)とF2(35〜49歳の女性)もついてきます。

 番組のオープニングは、同じ音楽を使います。生活習慣に番組が入り込むことをねらっています。ラストの音楽でエピローグを展開するのも同じです。知らず知らずの打ちに毎週見ている、ということになればと思っています。有吉弘行さんが「きょうのザ・ノンフィクション見た?」とラジオで言ってくれるみたいな感じで。

 NHKにいるときは、ナレーションは、大女優かベテランのアナウンサーでした。この番組は、真逆で、うまい下手は関係ない。意外性のある人でやったときに、SNSで話題になりますし、お茶の間にも相乗効果をもたらします。

 ただ、どんなテーマが視聴率を取れるかある程度の予測はつきますが、分からないときもあります。有村藍里さんの整形に密着した回も、ここまで見てもらえるとは思っていませんでした。

――若い人にドキュメンタリーを見てもらうための方策をどのように考えていますか。

 僕がチーフ・プロデューサーになった時は、M4とF4(60代以上の男女)が主な視聴者層で、視聴率も元気がありませんでした。

 ですから、構造改革をするために、メインターゲットを50代の女性のF3に定めました。今の50代って、目が肥えていて、いけてる女性たちなんです。バブルを経験しているし、あなどれない。F3で勝負して数字がとれるようになると、その娘や子供たちまで見てもらえるようになりました。

――ヒューマンドキュメンタリーの目的は何ですか。

 人がもがき苦しむ姿、そして、そこから這い上がろうとしている姿に、視聴者は共感を持って見てくれる。それだけで意味があることかなと思っています。

――張江さんのキャリアのなかで、「人殺しの息子と呼ばれて…」の位置付けは。

 「息子」に対しては、本当に感謝しています。通常の密着とは異なる息子へのインタビューという形で、多くの人の心を打つ事ができたことに感謝しています。テレビドキュメンタリーという仕事をしてきてよかったと、改めて思う1本になりました。

(2019年4月28日・早稲田大学国際会議場にて)

 『ザ・ノンフィクション』5月26日午後1時40分からの放送は「黄昏れてフィリピン〜借金から逃れた脱出老人〜」。借金から逃れてフィリピンに渡った2人の男が主人公。5月22日に公開した記事『フィリピンで綱渡り人生 借金500万円から逃れた「脱出老人」の末路』では、主人公の1人、吉岡学さん(仮名)を取材している。

phot 5月26日午後1時40分から放送する(フジテレビのWebサイトより)
前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -