ニュース
» 2019年06月05日 08時00分 公開

医薬品ビジネスの枠:ゲームで治療 薬に頼らない「ビヨンド・ザ・ピル」相次ぐ (1/3)

製薬企業が従来の医薬品ビジネスの枠を超え、デジタルヘルスケア事業に相次いで乗り出している。キーワードは「ビヨンド・ザ・ピル(医薬品を超えて)」。デジタル技術を用いた服薬管理や症状解析などの技術開発が進み、ゲームで治療を行うアプリも登場した。

[産経新聞]
産経新聞

 製薬企業が従来の医薬品ビジネスの枠を超え、デジタルヘルスケア事業に相次いで乗り出している。キーワードは「ビヨンド・ザ・ピル(医薬品を超えて)」。デジタル技術を用いた服薬管理や症状解析などの技術開発が進み、ゲームで治療を行うアプリも登場した。高騰する製造コストや創薬の低い成功確率、特許切れ後の収益減など、製薬企業を取り巻く外部環境が厳しくなる中、新分野での開拓に力を入れている。

 スマートフォンやタブレット端末を傾けキャラクターを動かし、ときには同時に画面に反応してタップしてゲームを進めていく…。

photo 塩野義製薬が提携した米ベンチャー企業の開発した治療用のゲームアプリ

 塩野義製薬は3月、米アキリ・インタラクティブ社が開発中の発達障害の一種、注意欠陥・多動性障害(ADHD)を対象にした小児用デジタル治療用アプリの日本での独占開発・販売権を得たと発表した。販売額などに応じて、1億ドル(110億円)以上を支払う。アプリは子供がゲームに没入することで、ADHDにおいて機能障害に陥るとされる脳の前頭前野を刺激、活性化させる仕組みだ。

 米国では8歳から12歳の小児患者を対象にした治験(臨床試験)が行われ、注意力の改善などの結果を得た。すでに米国では治療薬としてFDA(米食品医薬品局)に承認申請が行われており、塩野義も今年中に国内で治験を始め、保険適用される医療機器としての申請を目指す。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間