ニュース
» 2019年07月14日 08時00分 公開

セブンペイの安全対策に経産省も憤り、社長は「2段階認証」知らなかった? (1/3)

セブン&アイ・ホールディングスのスマートフォン決済アプリ「7pay」の不正利用問題で、同社の安全対策の甘さに疑問の声が広がっている。不十分なセキュリティー対策に被害者だけでなく、キャッシュレス決済を推進する経済産業省も憤っている。

[産経新聞]
産経新聞

 セブン&アイ・ホールディングスのスマートフォン決済アプリ「7pay(セブンペイ)」の不正利用問題で、同社の安全対策の甘さに疑問の声が広がっている。そもそも、トップが安全対策の基本ともいえる携帯電話やスマホのショートメッセージでパスワードを送り本人確認する「2段階認証」を十分に知らなかったとの疑惑も浮上。不十分なセキュリティー対策に被害者だけでなく、キャッシュレス決済を推進する経済産業省も憤っている。

謝罪会見でのやりとり

 「2段階認証…?」。

 7月4日午後、都内で開かれた不正利用についての謝罪会見。2段階認証を導入していなかった理由を記者に問われたセブンペイ運営会社であるセブン・ペイ(東京都千代田区)の小林強社長は、首をかしげながらこうつぶやいた。

 2段階認証とは、利用者がスマホにIDやパスワードを入力した後、事業者側が登録されたスマホ宛てにショートメッセージを使って1回きりのパスワードを送るなどで、本人であることを確認。“なりすまし”を防止する仕組みだ。セブンペイと同じく1日にサービスを開始したライバルであるファミリーマートの「ファミペイ」はこの認証を導入している。

 こうした仕組みについて記者から説明を受けた小林社長は、セブンペイは既存のセブン−イレブンのアプリと連携していることを説明した上で、「2段階うんぬんと同じ土俵で比べられるのか、私自身は認識していない」と答えるのがやっとだった。

 小林社長が2段階認証について十分に認識していたかどうかは定かではない。しかし、記者会見でのこのやり取りについて、ネット上では「社長が2段階認証を知らないなんて」といった批判が相次いだ。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ