ニュース
» 2019年07月18日 06時00分 公開

1〜2人乗りで短距離スイスイ「超小型EV」今度こそ広まるか (1/3)

1〜2人乗りで手軽に移動できる「超小型電気自動車(EV)」への注目が高まっている。自動車メーカー以外も開発を本格化しているが、10年ほど前から存在しながら広まっていない経緯もあり、普及には法整備や、シェアリングなどのサービス展開がカギとなりそうだ。

[産経新聞]
産経新聞

 1〜2人乗りで手軽に移動できる「超小型電気自動車(EV)」への注目が高まっている。車両の電動化やIT化の進展で「モビリティ(移動)」の概念が変わりゆくなか、相次ぐ高齢ドライバー事故もあり、既存の車に代わる移動体が必要とされてきたためだ。最終地点への超短距離移動「ラストワンマイル」を担う手段として、トヨタ自動車が来年からの発売を表明し、自動車メーカー以外も開発を本格化。だが、10年ほど前から存在しながら広まっていない経緯もあり、普及には法整備や、シェアリングなどのサービス展開がカギとなりそうだ。

 「高齢者、免許を返納された方、車いすを使う方々まで、一人一人のライフステージに合わせた安全、安心な移動を提供する」

 6月7日。トヨタの電動車事業説明会で寺師茂樹副社長は、来年から発売する超小型EVの重要性を強調した。

photo トヨタ自動車が報道陣に公開した超小型EVの試作機=6月7日

 「超小型」は軽自動車より小さなサイズを意味し、1〜2人の移動をサポートする。4輪だけでなく、3輪や車いす型などのタイプもあるのが特徴だ。

 国土交通省による調査では、自動車の利用実態は距離10キロ以内が約7割、2人以下の乗車が8〜9割を占めている。このため、トヨタは超小型EVについて、少人数の超短距離移動に特化する戦略だ。来年発売の電動3輪バイク「i−ROAD(アイロード)」は前輪が2輪で、転倒しにくい。最高時速60キロで屋根とドアもあり、原付自転車並みのサイズとクルマ並みの快適性・安全性を目指したという。一般家庭用の100Vで充電可能で、約50キロ走行できる。普通自動車免許が必要だ。

 空港警備などで実証実験中の立ち乗り型は、「全長は人の歩幅以下、全幅は人の肩幅以下」というサイズ。「セグウェイ」などの2輪型とは異なり、ハンドルで操作する3輪で、床をできるだけ低くして安定性も高い。最高時速10キロで、約14キロ走行が可能。センサーで障害物などを警告し、自動回避できる安全機能もある。

 東京で五輪・パラリンピックが開催されるなか、足が不自由な人をはじめ誰でも乗れる車いすタイプも再来年の発売を目指す。3輪車型に加え、既存の手動車いすに着脱して「電動化」できる連結型も開発中だ。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間