ニュース
» 2019年08月30日 06時00分 公開

迷う内定先 強い覚悟で決断しよう (1/2)

複数内定を取得している学生の中には、内定を承諾した上で「A社の福利厚生はいいが、B社の事業内容の将来性もいい。C社は…」と言って、まだどこに入社するか決断できていない学生がいます。内定辞退の連絡は……。

[産経新聞]
産経新聞

 「本当にこの会社でいいのだろうか?」

 「自分のやりたい仕事は内定先でできるのだろうか?」

 「もう1年就活を続ければ更に良い企業から内定が獲れるのではないか?」

 複数内定を取得している学生の中には、内定を承諾した上で「A社の福利厚生はいいが、B社の事業内容の将来性もいい。C社は…」と言って、まだどこに入社するか決断できていない学生がいます。内定辞退の連絡は、企業の採用機会や他の学生の就職機会を奪うことになりやすいため、可能な限り速やかに連絡するのがマナーです。

 しかし、自分の将来を大きく左右する企業を選択するのは容易ではありません。正しい選択をしようと強く思うほど決断できなくなってしまうのです。入社を決めたときの決断が曖昧であれば、仕事は辛いことや大変なことがたくさんあるため、「別の企業に行っておけば…」「こんなはずじゃなかった…」という考えになりかねません。だからこそ、最後は強い覚悟を持って入社先を決断してほしいです。

photo 就活生向けのイベント。就活にかける意識を高める必要がある
       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間