ニュース
» 2019年10月25日 15時08分 公開

マクドナルド社員逮捕 7億円横領か 「FXに使った」 警視庁

 勤務先の日本マクドナルド(東京都新宿区)から現金3千万円を横領したとして、警視庁新宿署は、業務上横領の疑いで、東京都杉並区、同社社員、西町崇容疑者(38)を再逮捕した。調べに対し「FX投資に使った。借金があった」と容疑を認めている。

[産経新聞]
産経新聞

 勤務先の日本マクドナルド(東京都新宿区)から現金3千万円を横領したとして、警視庁新宿署は、業務上横領の疑いで、東京都杉並区、同社社員、西町崇容疑者(38)を再逮捕した。調べに対し「FX投資に使った。借金があった」と容疑を認めている。

photo 警視庁(東京都千代田区)

 西町容疑者は財務税務IR部の統括マネジャーとして、同社の預金口座の管理などを担当。同署は、西町容疑者が1月以降、逮捕分を含め計約7億円を横領した疑いがあるとみて捜査を進めている。

 逮捕容疑は4日、同社の当座預金口座から3千万円の小切手を振り出し、銀行で換金。自分の口座に入れて横領したとしている。

 同署によると、西町容疑者が銀行の閉店時間帯に小切手を作っていたため、不審に思った同僚が上司に相談。翌日に現金化していることが確認され、上司が問い詰めたところ横領を認めたという。西町容疑者は同署に出頭し、小切手を盗んだとして5日に窃盗容疑で逮捕されていた。

 日本マクドナルド広報部は「原因を精査の上、管理体制をさらに強化し再発防止に努める」とコメントしている。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間