ニュース
» 2020年01月11日 06時00分 公開

「ケンタ」「ワークマン」に続け! 2020年の急成長企業 (2/2)

[ZAKZAK]
ZAKZAK
前のページへ 1|2       

 ユニクロと比べられることも多いワークマンだが、ファッションライターの南充浩氏が注目するのは、ユニクロの弟分、「GU(ジーユー)」だという。

 「ユニクロより価格も安くカジュアルなデザインが多い。5年ほど前までは、スリムなデザインが多く若者向けという印象が強かったが、近年はゆったりと着られるビッグサイズがトレンドなので肥満が少し気になる中高年層でも気軽にファッションを楽しめるのではないか」と解説する。

 このところ、外資アパレル企業の撤退が目立つ。南氏は「外資系ファストファッションが失ったパイの大半はユニクロやGUなど国内ブランドが吸収している。この勢いは2020年も続くだろう」と見通しを語った。

photo 佰食屋の「国産牛ステーキ丼」(1000円+税)
前のページへ 1|2       

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間