ニュース
» 2020年03月05日 07時56分 公開

社員に感染者が出たら……分かれる対応、リモートワークなじまぬ企業はどうする? (1/3)

新型コロナウイルスの感染が広がる中、各企業は従業員の感染に神経をとがらせている。多くの従業員が出勤する会社では、クラスター(感染者の集団)発生のリスクもはらむ。実際に感染者が出た企業は、どのような対応をしているのか。

[産経新聞]
産経新聞

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、各企業は従業員の感染に神経をとがらせている。多くの従業員が出勤する会社では、クラスター(感染者の集団)発生のリスクもはらむ。実際に感染者が出た企業は、どのような対応をしているのか。(石川有紀、有年由貴子、江森梓)

5千人がオフィス外で

 「働き方改革の一環で以前から在宅勤務などを推進し、環境を整えてきたので大きな混乱はない」

 こう話すのは、2月下旬に男性従業員1人の感染が確認された広告大手の電通の担当者だ。同社は当面、男性が勤務していた東京都港区の本社ビルで働く全従業員約5千人を対象に原則自宅など会社以外での勤務(リモートワーク)を実施。この間は全従業員が検温を行い、上司に報告するよう義務付けている。

 ただ、緊急性の高い業務に関しては相手方の合意を得た上で取引先のオフィスでの打ち合わせを認めた。

photo
       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間