ニュース
» 2020年04月06日 07時50分 公開

「こんな歌舞伎町初めて」売り上げ10分の1の店舗も 繁華街、閑散に悲鳴 (1/2)

深刻化する新型コロナウイルスの感染拡大で、小池百合子都知事らが名指しで入店自粛を要請した接客を伴う飲食の場。女性従業員やスカウトを担当する男性らが感染を広げている恐れがあり、感染経路がたどりづらいことからとられた措置で、キャバクラやバーが軒を連ねる夜の繁華街から人の姿が消えている。

[産経新聞]
産経新聞

 東京都内で1日に100人を超える感染者が確認されるなど、深刻化する新型コロナウイルスの感染拡大で、小池百合子知事らが名指しで入店自粛を要請した接客を伴う飲食の場。女性従業員やスカウトを担当する男性らが感染を広げている恐れがあり、感染経路がたどりづらいことからとられた措置で、キャバクラやバーが軒を連ねる夜の繁華街から人の姿が消えている。例年ならこの時期、花見のあとや新年度でにぎわう“不夜城”に自粛ムードが漂い、補償を求める声も上がる。

 「こんな歌舞伎町は初めて見る」

 歌舞伎町で雑居ビルの前に立ち、キャバクラ店の客引きをしていた店員の女性(24)。金曜日だった3日夜の街の姿に、こうつぶやいた。

 千鳥足のサラリーマン、集団で大声を上げる若者、はしごの店を相談するグループ…。歌舞伎町では当たり前だった光景が姿を消した。ネオンもきらめいてはいるが、目をこらすと、看板の電源を落とし、休業している店も多い。

 歩いているのは家路を急ぐサラリーマンがほとんど。「人が少なすぎて声をかけてもほとんどだめ。でも店の中にいてもお客さんいないから…」と、女性は力なく笑った。

 あるスナック経営の女性は「小池知事の会見で『接客を伴う飲食店に行くのを控えて』と聞いて背筋が凍った」と振り返る。「零細のお店は自転車操業。私たちには何もできず、コロナが過ぎ去るのを待つことしかできない」とため息をつく。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間