ニュース
» 2020年05月02日 06時55分 公開

千葉市で聞いた:新型コロナ禍 それでも夜の繁華街でなぜ働くのか (1/2)

緊急事態宣言下のゴールデンウイークが始まった。新型コロナウイルスの感染拡大に終わりは見えない。京成千葉中央駅にほど近い千葉市中央区の繁華街、富士見でも休業中の店が目立ち、人通りはまばらだ。それでも仕事を続ける人に話を聞いた。

[産経新聞]
産経新聞

 緊急事態宣言下のゴールデンウイークが始まった。新型コロナウイルスの感染拡大に終わりは見えない。京成千葉中央駅にほど近い千葉市中央区の繁華街、富士見でも休業中の店が目立ち、人通りはまばらだ。それでも仕事を続ける人に話を聞いた。

photo 午後8時頃ごろでも人通りがまばらだった富士見本通り=4月30日、千葉市中央区富士見(長橋和之撮影)

 4月30日午後6時半ごろ、営業中の居酒屋を訪れた。店に入るとアルコール消毒を促された。入店時には全員に行っているという。県は、午後7時以降の酒類提供を控えるよう要請しているが、この店は、客の求めがあれば午後7時以降も酒類を提供していた。

 店長の男性(44)は「自粛の終わりも見えないから店を閉めることもできない」と話す。売り上げは感染拡大前の半分以下。昼と夜にテークアウトを始めたが、1日5000円程度しか売れないという。「店を開けない方がいいのはわかるけど、自粛してくれというならそれができるしっかりした補償などを作ってほしい」ともらした。

 午後9時を過ぎると、裏通りには、キャバクラやガールズバーの客引きが増え始めた。客引きをしていたキャバクラの従業員男性(29)によると、客引きは普段の5分の1以下の人数だという。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間