ニュース
» 2020年05月20日 08時25分 公開

就活は、収入は…コロナ禍がもたらした変化とは アンケートで見える不安と覚悟 (1/2)

新型コロナウイルス感染拡大で世の中はすっかり変わるらしい。さまざまな企業が、さまざまな分野でインターネットアンケートを実施し、結果を公表している。拾い読みするだけでも、世間の気分が少し見えてくる。

[産経新聞]
産経新聞

 新型コロナウイルス感染拡大で世の中はすっかり変わるらしい。何を目安に判断し行動すればよいのか−。真っ先に参照したいのが「世間の風向き」なのだが、学校や会社、買い物先での立ち話もしづらい状況だ。そうした中、さまざまな企業が、さまざまな分野でインターネットアンケートを実施し、結果を公表している。拾い読みするだけでも、世間の気分が少し見えてくる。(粂博之)

やっぱり教室がいい

 不安なことの一つに休校による勉強の遅れがある。インターネットを使った遠隔授業などが解決策の一つだが、「小・中・高校生の親子の生活における新型コロナウイルス影響調査」(ベネッセホールディングス)によると、「未利用者の75%が利用を検討も、遠隔ならではの不安も顕在化」しているという。

 「高校生への休校影響調査」(旺文社)では「自宅学習における一番の悩みは『周りとの差』に対する不安」が挙げられていた。一方でウイルス禍を機に急浮上した「9月入学」など教育制度への関心も高まっているという。

就活は業界よくみて

 大学生になれば、就職活動も気になるところ。厳しくなるのは確実だ。「2021年卒大学生活動実態調査」(マイナビ)によると、4月末時点の内々定率は前年を下回り35.2%。先輩のアドバイスもあまり参考にならないかも。ただ、うまくいっていなくても「自分だけが」と落ち込む必要はないだろう。

 とはいえ、戦略はしっかり立てよう。参考になりそうなのが「アフターコロナで加速する成長領域を、経営および人事・採用動向から読み解く」と題するリポート(アスタミューゼ)。今年1〜4月に「エネルギー」「モビリティ」「エレクトロニクス」で求人票数は前年同期比150%増となり、「医療・健康」も4月に急増し、前年比140%増だという。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間