ニュース
» 2020年06月10日 07時27分 公開

10万円支給なぜ遅い?大阪・四條畷市長がブログで回答 (1/3)

新型コロナウイルスの緊急経済対策として1人10万円を支給する特別定額給付金をめぐり、支給の遅さやオンライン申請での混乱に疑問が渦巻いている。

[産経新聞]
産経新聞

 新型コロナウイルスの緊急経済対策として1人10万円を支給する特別定額給付金をめぐり、支給の遅さやオンライン申請での混乱に疑問が渦巻いている。そんな中、給付金に関する役所のプロセスや課題について大阪府四條畷(しじょうなわて)市の東修平市長(31)がインターネットに投稿し、「自治体の努力不足」などの批判は誤解だと訴えた。東市長がツイッターでも紹介すると、2千回以上リツイート(転載)され、他自治体の首長からも好意的なコメントが寄せられるなど話題を呼んだ。迅速給付の壁は何なのか。(杉侑里香)

 「市役所は一体、何をしているのか」「あの市はもう給付している。なぜ早くできない?」

 四條畷市の新型コロナ相談窓口。全体の7割以上を占めたのが、10万円給付に関する内容だった。

 市民最大の関心事なのに、役所の考えや動きが伝わっていない。こうした思いから東氏は5月17日、ブログサービス「note」に《なぜ10万円給付に時間がかかるのか》と題した記事を投稿した。

photo 特別定額給付金のオンライン申請が始まり、マイナンバーカードの取得手続きなどで混雑する区役所の証明発行窓口=5月11日、大阪市浪速区(寺口純平撮影)

 東氏によると、自治体ごとで申請や支給の手法は異なる。たとえば郵送やオンラインでの申請だけでなく臨時窓口を設置して申請を受け付ける自治体も。この場合、申請開始や一部世帯への給付は早くなるが、職員の全体的な作業量は増えて、全世帯への給付完了は遅くなる可能性がある。また、10万円を職員が直接手渡しする自治体もあるが、人口が極めて少ない自治体以外は不可能だ。

 四條畷市が採用したのは原則、郵送とオンラインだけで対応する手法。準備や業者との調整に時間がかかり、申請書の郵送や支給開始が遅くなる傾向があるが、申請世帯全体への給付を早く正確に完了することができる。東氏はこのことからこの手法を「全体最適型」と呼び、《おそらく最も多くの自治体が採用している》とする。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間