ニュース
» 2020年07月01日 08時21分 公開

ネタ出品?:「アベノマスク」中国のネットで1万円超 「限定版」などうたい文句も (1/2)

日本政府が全世帯に配布した布マスク、いわゆる「アベノマスク」が、中国のネット上に複数出品されている。中には日本円で1万円以上の値が付いているものもある。いったいどういうことなのか。

[ZAKZAK]
ZAKZAK

 日本政府が全世帯に配布した布マスク、いわゆる「アベノマスク」が、中国のネット上に複数出品されている。中には日本円で1万円以上の値が付いているものもある。いったいどういうことなのか。

 中国最大級のEC(電子商取引)サイト「淘宝(タオバオ)」で、「安倍」「口罩(マスク)」と検索すると、多数の出品が確認できる。

 掲載された写真をみると、マスクは青い台紙とともにビニールに入っており、写真で見る限り、全世帯に配られた例のマスクとよく似ている。

photo 政府が配布した布マスク

 日本の全世帯に2枚、無料で配られたマスクだが、26日時点で出品価格は安いものでは5元(約76円)だが、高いものでは666元(約1万84円)で出品されているものもある。広く知れ渡っていることを意味する「大名鼎鼎」や、「限定版」などといううたい文句も並ぶ。

 出品者のプロフィルは、「中国国内在住」のほか、「日本の大学を卒業した海外在住者」や「日本の留学生」を名乗るアカウントなどさまざまだ。

 布マスクをめぐっては、配布が遅い、費用がかかり過ぎるなどの批判もある一方、品不足だったマスクの供給量増加や価格引き下げなどの副次的効果もあったとの見方もある。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間