ニュース
» 2020年07月06日 07時59分 公開

台形型:昔懐かしい「固めプリン」 流行のきっかけは? (1/2)

プリンといって思い浮かべるのは、どんな姿をしているだろうか。長らく市場には「生」をうたったムース状のプリンが並び、瓶詰めされスプーンですくって食べるものが人気だった。そんな中、数年前から口コミで広がりつつあるのが……。

[産経新聞]
産経新聞

 プリンといって思い浮かべるのは、どんな姿をしているだろうか。長らく市場には「生」をうたったムース状のプリンが並び、瓶詰めされスプーンですくって食べるものが人気だった。そんな中、数年前から口コミで広がりつつあるのが「固めプリン」。いわゆる、昔懐かしい風情の残る台形型プリンだ。(飯嶋彩希)

2時間で売り切れ

 東京都新宿区の「オールシーズンズコーヒー」は、全国各地から集めたコーヒー豆を自家焙煎(ばいせん)するコーヒーショップ。新型コロナウイルスの流行前は、午後になると平日でも20〜30代女性を中心に長蛇の列ができた。目当ては、午後1時から提供される「クラシックプリン」。毎日手作りのため1日に作れる上限があり、2時間で売り切れてしまう日もあった。

 平成30年のリニューアルオープンに伴い、コーヒーに合う焼き菓子を模索したところ、菓子作りが趣味という20代男性スタッフが「プリンなら得意」と提案したことからメニューに採用された。

photo 「オールシーズンズコーヒー」の固めプリン。皿からあふれそうなほどカラメルソースがかかっている=東京都新宿区(三尾郁恵撮影)

 男性のオリジナルレシピを基に作ったが、滑らかな舌触りを残すため、何度も温度や焼き時間を変えて試行錯誤した。オーブンの火加減が難しく、同じように作っても思うようにいかないこともあった。スタッフや客の意見を参考に改良を重ねること数カ月、ようやく今の形が完成した。

 店長の竹内万智子さん(37)は「コーヒーがメインの店で、窯はあったけど誰も触ったことがなかった。スタッフのレシピを基に作ったので、あえて固めプリンを作ろうとしたわけでもなく、プリンがはやっていることも知らなかった」と振り返るが、プリン目当ての行列は採用後すぐに訪れたという。

 大振りのプリンの上に、クリームとさくらんぼが乗った見た目は、写真を撮らずにはいられないかわいらしさだ。

 特徴は皿からあふれそうなほどたっぷりかかったカラメルソース。きび砂糖を使いアマレットで香りづけしたカラメルソースは、苦味とほのかな酸味が広がる独特な風味となっている。コーヒーに合うよう甘さは控えめだ。

 新型コロナによる政府の緊急事態宣言後は開店と同時に提供し、テークアウトもできるようになった。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -