金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2020年09月01日 10時23分 公開

バフェット氏の商社株取得 国際的認知度向上に期待

 米著名投資家のウォーレン・バフェット氏による出資を受け、三菱商事など総合商社5社の31日の株価は急上昇した。丸紅が一時前週末終値比14%上昇したほか、終値でも住友商事が9%超の大幅上昇となった。これまで総合商社の海外での知名度は低かったが、新型コロナウイルス禍でも堅調に利益を出している点が評価されたとみられる。伊藤忠商事の岡藤正広会長は「業界活性化の起爆剤になると確信する」と歓迎した。

[産経新聞]
産経新聞

 米著名投資家のウォーレン・バフェット氏による出資を受け、三菱商事など総合商社5社の31日の株価は急上昇した。丸紅が一時前週末終値比14%上昇したほか、終値でも住友商事が9%超の大幅上昇となった。これまで総合商社の海外での知名度は低かったが、新型コロナウイルス禍でも堅調に利益を出している点が評価されたとみられる。伊藤忠商事の岡藤正広会長は「業界活性化の起爆剤になると確信する」と歓迎した。

2019年5月、米国ネブラスカ州オマハで開催されるバークシャー・ハサウェイの年次株主総会に現れたウォーレン・バフェット氏(写真 ロイター)

 「5社のうち4社が今期の黒字を予想するなど、総合的・多角的な事業展開で、(コロナ禍という)危機的な経済環境の中でも利益を出せる体質が評価された」

 ある商社関係者はこう推測する。また、世界的に超低金利の中、三菱商事と住友商事の株式の年間配当利回りは5%を上回っており、投資家の人気は高まりそうだ。

 国内では就職希望ランキングで上位に入る総合商社だが、「日本にしかないユニークなビジネスモデル」(日本貿易会の小林健会長=三菱商事会長)のため、海外では投資先としての評価は低かった。

 バフェット氏の出資は特定の商社ではなく、大手5社の株式が全て買われており、「日本の総合商社という業種が、投資先として適格だと評価された」と、喜ぶ商社幹部もいる。

 ただ、伊藤忠商事を除く各社は「特定の株主の動向についてはコメントしない」(三菱商事)などと手放しで喜んでいない。バフェット氏は長期保有を基本にし、「物言う株主」とは一線を画しているが、「今後、経営統合などの業界再編を注文する可能性も捨てきれない」(商社幹部)からだ。一層の企業価値向上の取り組みが迫られたといえる。(平尾孝)

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -