ニュース
» 2020年09月01日 10時27分 公開

としまえん「すべての乗り物に思い入れ」…運転のスペシャリスト、感慨深く (1/3)

 31日に閉園し、94年の歴史に幕を閉じた遊園地「としまえん」(東京都練馬区)。首都圏の家族連れら多くの人たちが訪れ、別れを惜しむ中、事業運営部の渡辺孝一副部長(60)も最後の一日を感慨深く過ごした。不動の一番人気を誇るジェットコースター「サイクロン」や日本最古とされる回転木馬「カルーセルエルドラド」など数々の乗り物を動かしてきた運転のスペシャリスト。「としまえんは人生の一部ではなく、人生そのものだった」と振り返った。(石原颯)

[産経新聞]
産経新聞

 31日に閉園し、94年の歴史に幕を閉じた遊園地「としまえん」(東京都練馬区)。首都圏の家族連れら多くの人たちが訪れ、別れを惜しむ中、事業運営部の渡辺孝一副部長(60)も最後の一日を感慨深く過ごした。不動の一番人気を誇るジェットコースター「サイクロン」や日本最古とされる回転木馬「カルーセルエルドラド」など数々の乗り物を動かしてきた運転のスペシャリスト。「としまえんは人生の一部ではなく、人生そのものだった」と振り返った。(石原颯)

photo 閉園の日を迎えたとしまえんで、「フライングパイレーツ」を楽しむ人たち=31日午後、東京都練馬区(酒巻俊介撮影)

 入社は昭和53年。「乗り物を運転したい」とこの世界に飛び込んだ。当時はマニュアルもなく、職人のような世界。まずは子供向けのエリアに配属され、一つ一つ動かしながら操作を学び、運転技術に磨きをかけた。

 「やっぱりジェットコースターを運転したい」。入社3年目のある日、「中央」と呼ばれていた大人向けのエリアへの異動を上司に願い出た。しかし、運転の技術・経験不足を理由に取り合ってもらえなかった。それ以来、中央で最も難しいとされる乗り物が2人掛けで急旋回するジェットコースター「マッドマウス」であることを聞き出し、昼休みを早めに切り上げ、練習を重ねた。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -