ニュース
» 2020年09月09日 10時00分 公開

ネット同時配信拡大、NHKに民放追随も常時化には高い壁 (1/2)

 テレビ番組を放送と同じ時間にインターネットでも流す「同時配信」が広がりを見せている。3月から試行が始まったNHKの新サービスの申込件数はすでに80万件を突破。10月からは日本テレビが時間帯を限定した同時配信の実験を行う予定だ。ただ、現在約18時間実施しているNHKのような常時化は民放にとって難しい。最大の課題として、識者は著作権などの権利問題を挙げている。

[産経新聞]
産経新聞

 テレビ番組を放送と同じ時間にインターネットでも流す「同時配信」が広がりを見せている。3月から試行が始まったNHKの新サービスの申込件数はすでに80万件を突破。10月からは日本テレビが時間帯を限定した同時配信の実験を行う予定だ。ただ、現在約18時間実施しているNHKのような常時化は民放にとって難しい。最大の課題として、識者は著作権などの権利問題を挙げている。

同時配信サービス「NHKプラス」のWebページ

5カ月間で84万件

 パソコンやスマートフォン、タブレットといったネットに接続した機器で、テレビ番組を放送と同時に見られる「同時配信」。NHKの新サービス「NHKプラス」では、現在1日18時間程度提供している。同時配信に加え、リアルタイムで見逃した番組を1週間見られる「見逃し番組配信」も実施している。

 新サービスには3月内だけで約33万件の利用登録申請が寄せられた。4月末には約61万件に増加したが、勢いはその後やや鈍化し、5月末に約73万、6月末に約78万件、7月末で約84万件と推移している。

 正籬(まさがき)聡放送総局長は7月の定例会見で「やや伸びが欠けてきているのが数字で出ている。まだNHKプラスの存在を知らない人もかなりいる」と述べ、認知度の向上を最大の課題として挙げた。このため、NHKはテレビ番組の中で、ネットでも配信していることをテロップや二次元コードを表示して伝えたり、サービスを紹介するスポット番組の放送も行っている。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -