ニュース
» 2020年10月27日 09時02分 公開

中国のアリペイ運営会社、11月5日上場へ 史上最大3.6兆円調達 

 【北京=三塚聖平】中国電子商取引(EC)最大手のアリババ集団傘下で、電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を運営する金融会社アント・グループが、香港・上海の両証券取引所への新規株式公開(IPO)により計約345億ドル(約3兆6千億円)を調達する見通しであることが26日、分かった。サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコが昨年に上場した際の294億ドルを抜き世界で史上最大になる。

[産経新聞]
産経新聞

 【北京=三塚聖平】中国電子商取引(EC)最大手のアリババ集団傘下で、電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を運営する金融会社アント・グループが、香港・上海の両証券取引所への新規株式公開(IPO)により計約345億ドル(約3兆6千億円)を調達する見通しであることが26日、分かった。サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコが昨年に上場した際の294億ドルを抜き世界で史上最大になる。

photo 電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」のロゴ=上海市内(三塚聖平撮影)

 中国メディアによると、上海での公募価格は1株68.8元(約1080円)で、香港は80香港ドル(約1080円)。株式総数はそれぞれ16億7千万株超で、公募価格から算定すると調達額は上海と香港でそれぞれ約1兆8千億円に上ることになる。香港での上場日は11月5日に決まった。

 米中対立を受け、米国では金融市場でも中国企業を念頭に置いた規制強化が進んでおり、中国の有力新興企業による香港や中国本土市場への上場の動きが活発になっている。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -