ニュース
» 2020年11月11日 20時26分 公開

発症防ぐ有効性90%超:米ファイザーのコロナワクチン、いつ日本に? 6000万人分は確保 (2/2)

[ZAKZAK]
ZAKZAK
前のページへ 1|2       

 政府は英アストラゼネカ社ともワクチン供給で合意しており、来年前半までに国民全員分のワクチン確保を目指す。

 厚生労働省は9日、国内でワクチンが提供できる態勢が整った際に、持病のある人よりも高齢者を優先して接種する方針を決めた。接種開始の見通しが立てば、市町村が優先対象者から順に接種に必要なクーポンを配布。接種を希望する人はクーポンを医療機関に渡してワクチンを打ってもらう。接種したことを示す証明書も発行される。

 前出の中原氏は「年内に日本でワクチンを使用できる見通しは立っていないので、変わらず予防に努める必要がある。また、ワクチンは投与してから抗体ができるまでに2〜3週間程度かかる。国内でワクチンが普及してもその頃には流行がピークアウトしている可能性も考慮して、ワクチンの効果を評価する必要もある」と指摘した。

前のページへ 1|2       

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -