ニュース
» 2020年11月18日 08時27分 公開

コロナ禍でも「唐揚げ」売り上げ好調 (1/2)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で多くの飲食業が苦境に陥る中、唐揚げ専門店が堅調に売り上げを伸ばしている。外出自粛やテレワークの浸透に伴ってテークアウト商品が売れるようになるのは自然な流れではあるが、人気の背景には、唐揚げならではの理由も見え隠れする。

[産経新聞]
産経新聞

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で多くの飲食業が苦境に陥る中、唐揚げ専門店が堅調に売り上げを伸ばしている。外出自粛やテレワークの浸透に伴ってテークアウト商品が売れるようになるのは自然な流れではあるが、人気の背景には、唐揚げならではの理由も見え隠れする。

photo 唐揚げ専門店「光苑」の目玉商品「海鮮唐揚げ」と、創業者の相川幸子さん=17日午後、埼玉県春日部市(竹之内秀介撮影)

 埼玉県春日部市役所の地下1階に店舗を構える唐揚げ専門店「光苑」は、「海鮮唐揚げ」を目玉商品とする人気店だ。秘伝の海鮮ダレに鶏肉を漬け込み、限界まで衣を薄くして仕上げた海鮮唐揚げは、日本唐揚協会が主催する「からあげグランプリ」の塩ダレ部門で金賞を受賞した。

 「自宅で作ると油の処理に手間がかかるし、味では専門店にかなわない」

 光苑で頻繁に唐揚げを購入しているという春日部市の女性会社員(52)はこう話す。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -