ニュース
» 2020年12月25日 13時33分 公開

アバターで参加:空飛ぶクルマで移動! 大阪・関西万博は「未来社会のショーケース」 (1/2)

2025年大阪・関西万博の運営主体「日本国際博覧会協会」は25日、理事会を開き、展示内容や会場設計などの基本計画を全会一致で承認、公表した。計画では、会場を「未来社会のショーケース」に見立てて……

[産経新聞]
産経新聞

 2025年大阪・関西万博の運営主体「日本国際博覧会協会」は25日、理事会を開き、展示内容や会場設計などの基本計画を全会一致で承認、公表した。計画では、会場を「未来社会のショーケース」に見立て、ドローン型の「空飛ぶクルマ」での移動やアバター(分身)のオンライン参加を実現するとした。

 万博は「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに、大阪湾の人工島・夢洲(大阪市此花区)で令和7年4月13日〜10月13日に開催。約2800万人の来場者を想定するほか、オンラインでのバーチャル参加を可能にする。

photo 万博の舞台となる人工島・夢洲(手前)=本社ヘリから

 会場計画では、中心部に憩いの場「静けさの森」を配置し、その周辺に参加国のパビリオンや会場デザインプロデューサーによる「テーマ館」を整備。これらを巡回できるように大屋根付きの環状通路(1周約2キロ)を設ける。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -