ニュース
» 2021年01月29日 13時06分 公開

楽天が携帯新プラン発表へ 20ギガ以下1980円、1ギガまでは無料

 楽天が携帯電話料金について、4月からデータ使用量が20ギガバイト以下の場合、使用量に合わせて料金を引き下げる新たなプランを導入することが29日、分かった。関係者によると、データ容量が無制限で2980円という現行プランは維持しつつ、20ギガ以下の場合は1980円に引き下げ、1〜3ギガは980円、1ギガまでは無料とする見通しで、同日午後に発表する。

[産経新聞]
産経新聞

 楽天が携帯電話料金について、4月からデータ使用量が20ギガバイト以下の場合、使用量に合わせて料金を引き下げる新たなプランを導入することが29日、分かった。関係者によると、データ容量が無制限で2980円という現行プランは維持しつつ、20ギガ以下の場合は1980円に引き下げ、1〜3ギガは980円、1ギガまでは無料とする見通しで、同日午後に発表する。

photo 楽天のロゴ=東京都世田谷区(佐藤徳昭撮影)

 20ギガ以下の低容量の料金を大幅に引き下げることで大手と差別化する。今後、低容量の領域で価格競争が激化しそうだ。

 楽天は昨年4月に携帯事業に本格参入、大手の半額以下の料金を打ち出し業界に衝撃を与えた。ただ、菅義偉(よしひで)政権が誕生すると業界に対して携帯電話料金の値下げを要請。昨年12月にNTTドコモが20ギガで2980円というオンライン専用の新プラン「アハモ」を発表すると、ソフトバンクやKDDIも対抗プランを打ち出し、楽天の価格面での優位性が失われていた。

 低容量のプランでは、ソフトバンクとKDDIはすでにサブブランドを使った1000円台のプランを発表。NTTドコモも新プランの検討を表明している。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -