ニュース
» 2021年02月09日 12時38分 公開

スパコン「富岳」3月9日から本格運用 予定を前倒し早期の成果創出(1/2 ページ)

文部科学省と理化学研究所などは9日、新型スーパーコンピューター「富岳(ふがく)」の本格的な運用を3月9日から開始すると発表した。令和3年度の運用開始を目指していたが、予定を前倒しして、より早期の成果創出を狙う。

[産経新聞]
産経新聞

 文部科学省と理化学研究所などは9日、新型スーパーコンピューター「富岳(ふがく)」の本格的な運用を3月9日から開始すると発表した。令和3年度の運用開始を目指していたが、予定を前倒しして、より早期の成果創出を狙う。

photo スーパーコンピューター「富岳」=令和2年6月16日午前、神戸市中央区の理化学研究所計算科学研究センター(渡辺恭晃撮影)

 理研と富士通が共同開発した富岳は、昨年4月から一部の設備を先行利用して、新型コロナウイルス感染症対策に貢献することを目的とした研究を開始。ウイルスの飛沫(ひまつ)シミュレーションや既存薬から新型コロナ治療薬の候補を探す研究などで大きな成果を上げている。

photo スーパーコンピューター「富岳」=神戸市中央区(渡辺恭晃撮影)

 コロナ以外の課題でも、ソフトウエアの動作確認やシステムの調整を目的とした試行的な利用を進め、本格的な運用開始に向けて利用環境を整備してきた。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -