ニュース
» 2021年02月18日 11時17分 公開

「ドライブインお化け屋敷」開設、幽霊役は?生活支援に(1/2 ページ)

車に乗った状態でお化け屋敷を体験できる、関西初の「ドライブインお化け屋敷」が3月、大阪市内に開設される。コロナ禍で職を失った外国人らを「お化け」役として雇用することで、生活支援につなげたいとの狙いもある。

[産経新聞]
産経新聞

 車に乗った状態でお化け屋敷を体験できる、関西初の「ドライブインお化け屋敷」が3月、大阪市浪速区の外国人向け就労支援施設「YOLO BASE(ヨロ ベース)」に開設される。会場は、新型コロナウイルス禍で休業中の宿泊施設のロビー。コロナ禍で職を失った外国人らを「お化け」役として雇用することで、生活支援につなげたいとの狙いもある。(黒川信雄)

photo YOLO JAPANの「ドライブインお化け屋敷」=大阪市浪速区(黒川信雄撮影)

 薄暗いガレージに駐車された車に乗り込むと、血まみれの女性が激しく窓をたたき、車を大きく揺さぶる−。約20分間、車外で起きるのは、架空の殺人事件を再現する出来事だ。窓にへばりつく幽霊たちは迫力満点で、17日夜に開催された報道向けの体験会に参加した記者は正直、かなり恐怖を感じた。

 コロナ禍の今、お化け屋敷は運営形態に「3密」が、つきものの「絶叫」には飛(ひ)沫(まつ)感染が懸念される。そこで、車内で3密を回避しつつ安全にホラーを楽しんでもらおうと考案されたのが、「ドライブインお化け屋敷」だ。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -