ニュース
» 2021年03月08日 16時25分 公開

NTT接待問題、谷脇総務審議官を事実上の更迭

総務省は8日、幹部がNTTから接待を受けていた問題に関する調査の中間報告を公表した。

[産経新聞]
産経新聞

 総務省は8日、幹部がNTTから接待を受けていた問題に関する調査の中間報告を公表した。谷脇康彦総務審議官ら2人が平成30年9月から令和2年7月までに計4回接待を受けたと認定し、国家公務員倫理規程に違反する疑いが強いとした。谷脇氏は8日付で官房付に異動。事実上の更迭となる。

 中間報告によると、谷脇氏は計3回で総額10万6852円の接待を受けた。3回のうち、1回は5千円を負担していた。このほか、巻口英司国際戦略局長が1件5万1165円(うち自己負担は1万円)の接待を受けた。当時、総務審議官だった山田真貴子前内閣広報官(辞職)も接待を受けていたが、調査対象外とした。

 武田良太総務相は同日会見し、「倫理法令に違反する行為がないか再三確認したにもかかわらず、新たな違反が疑われる行為が確認されたことは甚だ遺憾」と述べた。

 接待は情報通信や国際情勢に関する情報交換のために行ったといい、NTTドコモの完全子会社化など、個別案件の陳情などは行っていないという。

 NTTの事業計画や取締役選出には総務省の許認可が必要。国家公務員倫理法に基づく倫理規程は許認可を受ける法人を「利害関係者」と定め、国家公務員が接待を受けることを禁じている。

 今回の調査は週刊文春に報じられた4件の分だが、武田氏は今後、他の事業者からの接待の有無や他の職員の関与がなかったかについて追加調査する考えを示した。

 谷脇氏は菅義偉首相の長男の菅正剛氏が勤務する放送事業会社「東北新社」から接待を受け、懲戒処分を受けた。東北新社との接待が発覚した際の調査でNTTからの接待について申告しなかったが、その理由については「誠に申し訳ない」と話すにとどめているという。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -