ニュース
» 2021年04月08日 10時14分 公開

家庭用サーバーで「スーパードライ」“復権” キリンを猛追へ後発(2/3 ページ)

[産経新聞]
産経新聞

 対して、後発のアサヒ。遡ること20年前の平成13年に愛飲者への景品企画として「ミニ樽ホームサーバー」を投入したことがある。「あまりにも好評で4万9800円で販売し、累計5万台が売れた」(アサヒの担当者)と振り返る。この時の仕様も今回のスーパードライミニ樽2リットルだった(現在は専用ガスの販売は中止、使用することはできない)。

 今回の生ビール宅配サービスの検討を始めたのはキリンがサービスを開始した平成29年ごろで、サーバー開発には2年をかけた。松山氏は「将来的に必要(なサービス)だと思う。(市場が)成熟する中で今は量販店(の缶ビール)か飲食店しか選択肢はないが、いずれ必要になる。それなら早くやったほうがいい。コロナは関係ない。先にキリンさんにやられてしまっただけだ」と打ち明ける。

 とはいえ、コロナで令和2年の国内ビール市場は大きく様変わりした。ビールと発泡酒、第3のビールで構成する国内ビール類市場の販売シェア推計で、キリンが平成21年以来11年ぶりにアサヒを逆転した。キリンは第3のビール「本麒麟」が強く、ビールの一番搾りは飲食店向けの比率が低い。一方、アサヒはスーパードライが飲食店の導入シェアが高いため、飲食店の休業・時短要請による販売の落ち込み影響はアサヒに強く出る。とはいえ販売量を見てみると、ビール類市場の王者がスーパードライであることには変わりはなく、競合他社幹部も「あんなビールは2度と出ない。今も市場はスーパードライが作っている」と言わしめるだけの存在だ。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -