ニュース
» 2021年04月09日 08時57分 公開

トヨタ初の手放し運転 レクサスLS発売 自動運転レベル2の高度化狙う 運転者の負担を減らす(1/2 ページ)

トヨタ自動車は8日、自動運転技術を強化した新システム「アドバンスドドライブ」を高級ブランド「レクサス」の「LS」に採用し発売した。

[産経新聞]
産経新聞

 トヨタ自動車は8日、自動運転技術を強化した新システム「アドバンスドドライブ」を高級ブランド「レクサス」の「LS」に採用し発売した。車載ソフトウエアを顧客が購入後にも遠隔で自動更新し、走行性能を改善する機能を国内メーカーで初めて備えた。レベル2の技術はホンダが市販車で実現したレベル3より下位とはいえ、高速道路での手放し運転が可能となるなど、運転者の負担を減らす効果は大きい。トヨタは運転者の安心を意識した機能にもこだわっており、レベル2の競争も活発化しそうだ。

photo 自動運転のレベル2技術を搭載したトヨタ自動車の「レクサスLS」(左)と「ミライ」(同社提供)

 「レベル2とか3とかではなく、安心して使ってもらえるかということにこだわった」。トヨタの前田昌彦執行役員は8日のオンライン会見で、新システムについてこう説明した。

 新システムを搭載したレクサスLSは、トヨタ初の高速道路での手放しでの走行が可能な車種となり、アクセルやブレーキの操作をせずに車線変更や追い越しができる。5段階ある自動運転のうち、レベル2の「運転支援」に当たる。

 自動運転をめぐっては、日産自動車の「スカイライン」やSUBARU(スバル)の「レヴォーグ」がレベル2の技術を搭載済み。今年3月には、高速道路での渋滞時にシステムが車の操作を担い、ドライバーはナビ画面でテレビや動画を視聴できるレベル3技術を搭載したホンダの「レジェンド」も発売された。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -