ニュース
» 2021年04月14日 07時56分 公開

ダイキンが17年ぶりに首位へ 換気できるエアコン人気家庭用エアコンの国内販売台数(1/2 ページ)

ダイキン工業が令和2年度に家庭用エアコンの国内販売台数で約19%のシェアを獲得し、パナソニックを抜いて17年ぶりに首位を奪還する見通しとなったことが13日、関係者への取材で分かった。

[産経新聞]
産経新聞

 ダイキン工業が令和2年度に家庭用エアコンの国内販売台数で約19%のシェアを獲得し、パナソニックを抜いて17年ぶりに首位を奪還する見通しとなったことが13日、関係者への取材で分かった。新型コロナウイルス感染拡大後、「業界唯一」という換気機能をアピールし販売を拡大した。空調機器メーカーで売上高世界首位のダイキンだが、国内の家庭用ではパナソニックの後塵(こうじん)を拝していた。

photo 換気機能を搭載したダイキン工業のルームエアコン「うるさら」シリーズなどのラインアップ=昨年10月(同社提供)

 ダイキンは平成11年に発売した家庭用エアコン「うるるとさらら」シリーズに室外機を使って換気しながら室温調整する機能を搭載した。一般的なエアコンは、空気ではなく熱だけを排出したり取り入れたりする室外機を使っている。新型コロナ禍で室内の換気対策が注目され始めた昨夏以降、うるさらシリーズの売り上げが伸びた。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -