ニュース
» 2021年05月24日 08時00分 公開

静岡ローカル「岳南電車」クラファンで“出発進行”なるかレトロ車両運転体験(1/2 ページ)

静岡県富士市を拠点とした小さなローカル線、岳南電車が、昭和レトロな雰囲気の漂う車両「7000形」の運転体験プロジェクトを企画している。ただ、運転体験の実施には、廃線から約10年経って老朽化した線路の改修などに準備資金800万円が必要で、クラウドファンディングで資金を募っている。

[産経新聞]
産経新聞

 静岡県富士市を拠点とした小さなローカル線、岳南電車が、昭和レトロな雰囲気の漂う車両「7000形」の運転体験プロジェクトを企画している。ただ、運転体験の実施には、廃線から約10年経って老朽化した線路の改修などに準備資金800万円が必要で、クラウドファンディング(CF)で資金を募っている。目標額に届けば開催となるが、達しなければ企画は白紙に。資金応募期限は6月15日までで、残された時間は1カ月もない。晴れて「出発進行」となるか。

photo 岳南電車吉原駅に停車する7000形。目標金額を達成すれば、駅近くの貨物線で運転体験できる=富士市

 吉原−岳南江尾(営業距離約9キロ)を結ぶ岳南電車の令和2年度の旅客収入は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、前年度に比べて3割ほど落ち込んだ。通勤・通学客が旅客収入の柱だが、沿線の学校の休校や企業の在宅勤務が目立つようになったためだ。

 この苦境に「『頑張って』という(鉄道愛好家らの)声援に応える形として何かできる企画はないか」と社内で検討を重ねた。その結果、電車運転の楽しさを知ってもらおうと、7000形の入線25周年を記念し、運転体験を企画した。

 運転体験は、10年ほど前に廃線となった吉原駅近くの貨物用側線「貨物線路1番線」を活用。CFで目標額に到達すれば、12月に約200メートルの運転を体験してもらう。来年1月以降も定期開催を目指しており、新たな収益源としての期待もかかる。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -