3分Biz.
調査リポート
» 2021年05月29日 09時00分 公開

テレワーク中の息抜き方法 「ストレッチ」や「音楽」を抑えて1位になったのは?調査で判明

LASSICは、運営するWebメディア「テレワーク・リモートワーク総合研究所」で、テレワーク時の「オンオフ切替方法や服装」に関する調査を実施した。

[コネムラメグミ,ITmedia]

 LASSIC(鳥取県鳥取市)は、運営するWebメディア「テレワーク・リモートワーク総合研究所」で、テレワーク時の「オンオフ切替方法や服装」に関する調査を実施した。その結果、オンオフ切替方法の1位は「コーヒーを飲む」(男性32.44%、女性29.09%)だった。飲み物を飲んで一息つき、気持ちを切り替える人が多いようだ。

テレワーク中の息抜き方法は?(画像提供:ゲッティイメージズ)

 男性の2位は、「仕事部屋に入る」となった。男性の23.3%が回答し2割を超えた。自宅内に仕事スペースを確保し、プライベート空間と区別することでメリハリをつけているようだ。

 女性の2位は、「服を着替える」だった。これも21.77%と2割以上の人が答え、男性も15.23%の回答があった。また「身だしなみを整える」も、男性が8.6%だったのに対し、女性は15.8%と多くなった。

テレワーク中の切り替え方法は(テレリモ総研調べ)

 テレワーク中の服装について尋ねた。その結果、1位は「カジュアル(普段着)」(男性52.51%、女性52.79%)で、男女ともに、2人に1人が普段着で仕事をしていることが分かった。「自宅で作業をするのにスーツは息が詰まってしまう」「長時間のデスクワークでも窮屈感を感じづらい服装がいい」と感じている人は多いようだ。

テレワーク中の服装は(テレリモ総研調べ)

 2位は「部屋着」で、男性が39.61%で女性は41.23%と、男女ともに4割を占めた。自宅では取引先などと接する機会も少なくなるため、普段着と同様にラフで作業をしやすいスタイルを選ぶようだ。また、リラックスした格好という点では寝巻のまま仕事をする人もいた。

 一方、少数派だがオフィス出社時と同様に「スーツ」や「ビジネスカジュアル」で仕事をしている人もいた。部屋着やパジャマではプライベートと仕事の区別がつきにくく、自身のオンオフ切替方法の1つとしてスーツを着用する人もいるようだ。

 コロナ禍により外出自粛やテレワークが続く中、「だらだらとしてしまいがち」「集中力が続かない」という人は、服装の工夫など独自のオンオフ切替方法でメリハリをつけた働き方を見つけることが解決の鍵となるのではないか。

 今回の調査は、テレワークやリモートワークを経験している20〜65歳のビジネスパーソンを対象に、インターネット上で実施。調査期間は2020年9月1〜4日で、有効回答数は1077人。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -